ICT活用術 仕事

【教員向け】iPadで使える週案を無料配布

iPadで週案を書きたいんだけど、何か良い方法はないかなぁ。

そんな悩みを解決します。

本記事のテーマ

【教員向け】iPadで使える週案を無料配布

記事の信頼性

現役中学校教員9年目。

ICT担当などを経て、現在はiPad を活用した授業実践を日々積み重ねています。

 

自分の業務の効率化を図るために、仕事のあらゆる場面でiPadを活用しています。

 

読者さんへのメッセージ

本記事は「iPadを手帳のように使いたい!」という方向けに書いています。

iPadを手帳のように使う方法は2つのステップで完了します。

  1. GoodNotes5をダウンロードする
  2. 「週案」をダウンロードし、GoodNotes5に読み込む

これだけです。

ちなみに、2022年度の週案のダウンロードはこちら!

では、週案についての具体的な内容に入っていきましょう!

【教員向け】iPadで使える週案を無料配布

教員の必須アイテムである週案。

皆さんはどのように記録、管理をしていますか?

 

僕はiPadを購入するまで、教務手帳を使用していました。

こんな感じの手帳です。

僕はこの手帳をiPadの購入をきっかけに手放しました。

紙の手帳に対して、僕が感じているデメリットは以下の2点です。

紙の手帳のデメリット

  1. 重要な情報が書かれているので、どこかに置き忘れや紛失で人生終了。
  2. ペンを持っていないと書けない。

ちなみに、iPadだと以上のデメリットが解決されます。

iPadを手帳化するメリット

  1. 置き忘れ、紛失があってもパスコードがあるので、手帳よりもかなり安全。
  2. Apple Pencilを横にくっつけておけばペン忘れは基本あり得ない。

もちろん、紙の手帳は「手軽さ」などのメリットもあるでしょう。

僕もそう思います。

 

ただ、それ以上にiPadは便利です。

iPadを手帳化することで、仕事の効率化が圧倒的に進みます。

 

そのうちの一つが「週案のデジタル化」です。

 

早速紹介していきます。

iPadで使える週案 2022年度版 無料配布

僕が作成したPDFリンク付きの週案を紹介します。

こちらがHOME画面です。

ピンクの部分をタップすると、以下の週案ページに飛びます。

とにかくページリンク機能が充実しているので、紙の手帳よりも見たいページにすぐアクセスできるのが非常に便利です!

実際に使用しているページを見ていきましょう!

週案を実際に使ってみると・・・

※細かいアップデートを繰り返してきたので、紹介した画像と若干の差異はあります。

これは2年前に活用し始めた頃の週案です。

皆さんに無料配布するものは7時間目まで書けるようなものになっています。

非常に便利なので、ぜひ活用してほしいと思います。

週案2023年度版は?

僕は iPadを完全に手帳化したいと思い、「教務手帳」と「週案」を完全にデジタル化しました。

 

本記事では週案を紹介しましたが、教務手帳のデジタル版「教員手帳」については以下の記事で紹介していますのでご覧ください。

 

どちらも2022年度版のものです。

 

最新の2023年度版は以下のリンクにあります。

ぜひ、検討してみてください!

 

まとめ

皆さん、「iPadの手帳化」に興味は持ちましたか?

毎日、朝の打ち合わせでiPadで週案を開きましょう。

そうすれば、仕事のクオリティが格段に上がっていきます。

これからもiPadを活用した仕事の効率化について発信していきます!

ではまた!

  • この記事を書いた人

しゅんや

▶︎現役中学校教員9年目
学校の先生方が1分でも早く、
家に帰れるようにしたい!

▶︎目標:セミリタイア
▶︎妻と人生攻略中

▶︎大事にしていること
・世界観を広げる
・物事の本質を考える
・人生楽しんだもん勝ち

▶︎北海道出身の30歳

-ICT活用術, 仕事