心理学

子どもが親の言うことを聞かない時の科学的な対処法

子どもが言うことを聞かない…どうしたら良いのだろう…

こういった悩みは全国の親御さんが抱えているでしょう。

ちなみに、今回の内容を書くにあたって、科学的知見を与えてくれた本は『影響力の武器』という社会心理学の世界的名著です。

メンタリストDaiGoさんが「自分の人生を変えた本」として紹介されている本です。

この本をもとに、言うことを聞かない子どもへの社会心理学的なアプローチを紹介します。

コミットメントと一貫性

人間は、自分の行動によって、ある立場を取る(コミットする)と、自分の行動に一貫性を保とうとする性質があるそうです。

簡単な例で言うと「競馬の馬券を買う前よりも、買った後の方が、自分の賭けた馬が勝つと思う気持ちが高まる」ということが科学的にも言われています。

「馬券を買う」という行動によって、「勝つ可能性」を高く感じるようになったのです。

このように、自分の行動によって、物事への考え方が変わってしまい、そして一貫した行動を取り続けてしまうというのが、人間の性質なのだそうです。

この性質を、言うことの聞かない子どもへの対処法として活用します。

言うことを聞かない子どもへの対処法

具体的にどのようにアプローチするのか。

ポイントは以下の2点です。

ポイント

STEP1:承認欲求を刺激する

STEP2:他者からのイメージを伝え、子どもの自己イメージを作らせる。

これだけです。早速見ていきましょう。

STEP1:承認欲求を刺激する

えっと…褒めるってこと?

その通りです!

心理学的には、承認欲求を刺激する行為(褒めること)は、人を操るテクニックとも言われています。

人は、褒めてくれる人に対して、より服従しようとします。

実はこの「褒める」という行為は、人間関係において「上下関係」を発生させることでもあります。

ちなみに、ビジネスの世界でも、この「承認」という手法は多く使われています。

なぜなら、部下や社員をコントロールする必要があるからです。

学校教育でも最近は「自己肯定感を高めるために褒めましょう!認めましょう!」というムーブメントがあります。

子どもをコントロールするには、承認欲求を刺激することがかなり効果的だからです。

しかし、「褒める」だけでは、本質的には子ども自身の成長に繋がりません。

なぜなら「褒めてくれる存在」がいるおかげで、行動をしているからです。

  • 親に承認されたいから頑張る。
  • 先生に褒められたいから頑張る。

それでは、褒められなかったら子どもはどうするでしょうか。

当然、親や先生が見てなかったら、行動をしなくなりますよね。

そこで、もう一つスパイスを加えます。

STEP2:他者からのイメージを伝え、子どもに自己イメージを作らせる

具体的にいえば、子どもに対して、「あなたって、〇〇だよね」とある種の決めつけのような言葉をかけます。

「決めつけ」とか、1番子どもが嫌いな行動だよ!
「決めつけないで!」と言われておしまい!

これ、そう思いますよね。

ただ、ここで行う決めつけは「親が願う子どもの姿」を具体的にイメージして行います。

例えば、親が「素直になってほしい」と子どもに対して思っていたとします。

そういった場合は子どもにこんな言葉を繰り返しかけ続けます。

本当にあなたは素直だよね。

これだけです。

これをあらゆる場面で繰り返し伝えます。

そうすると、子どもは「自分って素直なんだ」と自己イメージを認識します。

ここからが面白いんです。

人間は、他者が自分に対して抱いているイメージに、自己イメージを合わせていこうとする性質があるそうです。

だから、「あなた優しいね」と声かけをし続けたら、「優しい人間であろうとする」ようになるのです。

これはやってみる価値ありますね!

まとめ

もう一度ポイントを整理します。

ポイント

STEP1:承認欲求を刺激する

STEP2:他者からのイメージを伝え、子どもの自己イメージを作らせる。

まずは褒めること。そして、子どもの自己イメージを作ること。

褒めるだけでは、いつまでも褒められるために頑張る子どもになります。

子ども自身が、自分で選択して行動させるには、自己イメージを作らせることです。

参考にしていただければ嬉しいです!

今日はここまでです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ちなみに、『影響力の武器』はこちら

  • この記事を書いた人

しゅんや

▶︎現役中学校教員9年目
学校の先生方が1分でも早く、
家に帰れるようにしたい!

▶︎目標:セミリタイア
▶︎妻と人生攻略中

▶︎大事にしていること
・世界観を広げる
・物事の本質を考える
・人生楽しんだもん勝ち

▶︎北海道出身の30歳

-心理学