Apple 便利アイテム 業務効率化

Macbookが教員のおすすめパソコンである理由3選

悩める友
Macbook買いたいけど、周りの人Windowsだし…パソコン詳しくないし…どうしよう。

そんな悩みを解決します。

本記事のテーマ

Macbookが教員にとって最高のパソコンである理由3選

記事の信頼性

教員生活9年目の現役中学校教員です。

現在、MacBook Proを使用しています。

以前はMacBook Airを使っていました。

MacBookを使い始めてから4年が経ちます。

そんな僕が教員にとってMacBookは最高の選択であると感じたポイントを3つ紹介します。

読者さんへのメッセージ

本記事は「MacBook買いたいと思っているけど、やっぱりWindowsの方がいいのかなぁ」と悩んでいる方に向けて書いています。

結論からいえば、「iPhone、iPadユーザーは確実に買うべき」といえます。

僕はiPhoneユーザーだったので、MacBookにしてから、かなり仕事の効率化ができました。

それではさっそくみていきましょう!

MacBookが教員のおすすめパソコンである理由3選

MacBookがおすすめである理由

  1. 写真の取り込みがスムーズ
  2. 資料作成、成績処理が純正アプリで可能
  3. MacでもWindowsを問題なく使える

MacBookは仕事の効率化を加速させます!

ではいきましょう!

【理由その1】写真の取り込みがスムーズすぎる

学校現場に出た当初、僕はWindowsのパソコンを使っていました。

しかし、困った点がありました。

それが、写真の取り込みです。

Windowsのパソコンの場合、デジカメで写真を撮影した後、SDカードを接続し、データを移す必要があります。

乱れる友
当たり前だろ!!
でも、それって実は手間なんです。

MacBookなら、この手間さえなくなるよ!

しゅんや

それでは、写真を移すまでの手続の数を比較してみましょう。

Windows PCの場合MacBookの場合
デジカメで写真撮影iPhoneかiPadで
写真撮影
SDカードを
デジカメから抜く
AirDropで
Macへデータ送信
SDカードをPCに挿す終了!
データを
パソコンに取り込む
SDカードをPCから抜く
SDカードを
デジカメに戻す
終了!

一目瞭然とはこのことです。

手間の数が違います。

特にAppleの製品の「AirDrop」が最強の機能です。

AirDropとは?

あらゆるデータの送受信を無線で行える機能。

iPhone、iPad、Mac同士が近くにあればデータの送受信が簡単にできる。

 

さらに純正写真アプリの「共有アルバム」という機能を使えば、AirDropさえもしなくてOK。

一瞬でiPhone、iPad、MacBookにデータが同期されます。

 

とにかく、iPhone、iPadユーザーはMacBookにすることで、データの送受信や共有が効率化されます!

 

【理由その2】資料作成、成績処理が純正アプリで全てできる

この3つはApple純正のアプリです。

ひらめく友
このアイコン見覚えある!けど、使ったことはない!

これらはすごく便利なアプリだよ!

これを使って、僕は資料作成や成績処理をしています。

しゅんや

 

では、なぜこれアプリを使う必要があるのか。

それは、iPhone、iPad、Macのどの端末でも編集が可能だからです。

 

悩める友
「どの端末でも編集が可能」って、何かメリットあるの??
メリットは「いつでも作業ができるようになる」という点だよ!

もし、職員室の自分のデスク以外でも仕事が進むとしたら、残業は減ると思わない?

しゅんや
ひらめく友
・・・たしかに!!

 

僕は基本的に「隙間時間」を有効活用することが業務効率化の近道だと思っています。

iPadは基本的に肌身離さず持っていることで、いつでも隙間時間を仕事に使うことができます。

では、僕が学級通信を作るまでの流れを紹介します。

 

最速の学級通信作成の流れ

  1. iPadで生徒の頑張る姿を撮影
    →iPhoneでもOK
  2. iPad上でPagesに画像挿入
    →学級通信のテンプレに入れるだけ
  3. iPadで文書入力しておく
  4. MacBookで文書を最終確認してPDFにする
  5. 印刷!

こんな感じです。

ここでのポイントは「撮影した写真はPagesに挿入しただけ」という点です。

つまり、データの送受信をしていません。

 

これはどういうことかというと、「iCloud drive」というクラウド上の場所で作業しているということです。

悩める友
iCloudとか、ちょっとよくわかんなくて・・・
簡単にいうと、「すべての端末が同じ場所に保存できる」というイメージだよ!

画像で例を示して説明します!

しゅんや

iPhoneのiCloud drive画面

iPadのiCloud drive画面

MacBookのiCloud drive画面

このように、どのデバイスでも、同じフォルダが存在していることがわかると思います。

 

つまり、場所にとらわれずにどこでも資料作成が可能ということです。

 

僕の場合はiPhone、iPadでコツコツ作業をしつつ、MacBookで仕上げをするというパターンが多いです。

 

やはりMacBookはノートパソコンでもあり、使いやすさでいうとダントツですからね。

Apple製品でスマホ、タブレット、パソコンを揃えると最強に効率化されますよ!

 

【理由その3】MacでもWindowsを問題なく使うことができる

悩める友
MacBookの便利さはわかったけどさぁ・・・

いきなりWindowsから乗り換えて困らないかなぁ・・・

大丈夫!そういった不安がある人にはParallelsという「Mac上でWindowsを使うことができる」ソフトウェアがあるよ!
しゅんや

 

僕も正直、MacBookを初めて購入する時はかなり不安でした。

Windowsしか触れてこなかった人間なので、買って後悔したらどうしよう・・・という気持ちはありました。

 

ただ、Parallelsというソフトウェアがそれは解決してくれるということを知り、不安はなくなり、MacBookを購入しました。

 

簡単にいえば、MacBookを起動して、Parallelsというソフトウェアを立ち上げると、Windowsの見慣れた画面が起動するといった感じです。

 

もし、WindowsをMacBookに導入したい!という方はこちらです。



まとめ【iPhoneかiPadのユーザーはマストバイ】

MacBookを購入したことで僕の仕事の進め方はガラリと変わりました。

それはiPhone、iPadとの連携のおかげです。

 

特に、データ共有が便利すぎます。

  • AirDrop
  • 共有アルバム

という2点の機能は、iPhone、iPad、MacBookを所有する人が、誰でも使えるデータ共有をするための最強のツールです。

 

もし、iPhoneかiPadのどちらかでも持っているのであれば、MacBookは本当に買うべきです!

非常に便利ですよ!

 

ぜひ検討してみてください!

僕の使用しているMacBookはこちら!↓

  • この記事を書いた人

しゅんや

▶︎現役中学校教員9年目
学校の先生方が1分でも早く、
家に帰れるようにしたい!

▶︎目標:セミリタイア
▶︎妻と人生攻略中

▶︎大事にしていること
・世界観を広げる
・物事の本質を考える
・人生楽しんだもん勝ち

▶︎北海道出身の30歳

-Apple, 便利アイテム, 業務効率化