どうでもいい話 日々の思考

毎日ブログを書く理由【もはや意地】

実際、ブログは「書くことが目的」だと言っても過言ではありません。

僕は毎日継続することに意味があると信じています。

毎日書いていこうと考えていますが、ブログを書くまでの準備は本当に少しだけ。

検索キーワードをラッコキーワードやキーワードプランナーでリサーチ…といったことを軽〜くやっているだけ。ここにそんなに時間はかけていません。本当にちょっと見るくらいです。ほぼ、意味はないでしょう。

何か、「しっかり分析をしてからやるぞ」となるとなかなか続かないので、まずはブログを書く習慣化を目指すことにしました。

でも、突然どうしてそう考えたのか。その理由を紹介していきます。

理由①勉強しなくなったから

去年と比べると僕は読書量が減りました。仕事に忙殺されることが増えた影響もあるでしょう。

本当に勉強しなくなった人間状態。

そこで「強制的にアウトプットする場所」を設定することで、インプットに拍車をかけよう!という安易な作戦を立てたのです。

インプットはそもそも楽しいからするものなのに…なぜやらなくなったのか。明らかに習慣化できていないからです。

理由発信して知識を整理したかった

ブログを書くことで思考が整理されます。

自分が知って得したことや、知ってワクワクした感動をとにかく味わってほしい。

そんな気持ちでブログを書けたら最高ですよね。

しかし、興奮してテキトーに書いてもうまく伝わりません。

しっかりと伝えたい。自分が感動したことを正確に。

まとめ

とにかく更新します。

どんなことがあっても更新します。

そして、100記事到達を目標に頑張ります。

到達以降はしっかりと自分の記事たちをサーチコンソールやアナリティクスを分析しながら、記事の質を上げていきたい。

-どうでもいい話, 日々の思考