音楽

桑田佳祐 凄すぎる才能〜3曲 楽曲紹介〜

サザンオールスターズの桑田佳祐さんは色々な楽曲のオマージュが凄いんです。今回紹介するのは「洋楽のオマージュ」です。

待て待て、それってただのパクリでしょ?

という人もいるでしょう。しかし、本当に桑田さんの楽曲を聴いていくと、その奥深さに魅了されていくこと間違いなしです!

それでは今回はその凄さを伝えるべく、3曲を紹介します。

ビートルズの「Lady Madonna」と「本当は怖い愛とロマンス」

まずはビートルズの「Lady Madonna」

本当にこんな綺麗な映像で観れるなんて奇跡

そして、桑田さんのソロシングル「本当は怖い愛とロマンス」

この桑田さんもかっちょえ〜

2曲ともピアノのリズムが印象的な曲ですよね!

途中のLady Madonnaの「パッパッパッパ〜」というコーラス部分が、「本当は怖い愛とロマンス」の曲の終わり際に挿入されていて、分かる人にはわかる感じに仕上げられています。(残念ながら、「本当は怖い愛とロマンス」はPVが曲の最後まで入っていませんが。泣)

カーペンターズの「Close to you」と「遠い街角」

まずはカーペンターズの「Close to you」

曲聴くだけで泣きそうなくらい良い曲

そして、桑田さんの「遠い街角〜The wanderin' street〜」

Passing rainさんのCoverです。とても上手!

どちらの曲もまたピアノが印象的ですね。

桑田さんはご自身のライヴでも「遠い街角」のオーバーチュアとして、「Close to you」をコーラスで挿入するなど、かなり意識されていることがわかります。本当にどちらも良い曲すぎるけれど、桑田さんのオマージュ力の凄さが何より際立ちます。

「愛はスローにちょっとずつ」と「Tears in heaven」

まずはEric Claptonの「Tears in Heaven」

いつ聴いても名曲すぎて涙腺崩壊

サザンオールスターズの「愛はスローにちょっとずつ」

ライヴで聴きましたが、本当に染みました…

この2曲はAメロのコード進行がとても似ています。

実際に「やさしい夜遊び」でアコースティックverとして、「愛はスローにちょっとずつ」を演奏されていましたが、Tears in Heavenっぽくギターアレンジで弾き語りしていました!あの時は「うわっ!Tears in Heavenじゃん!」と思わずツイートすると、何人か同じ反応をされていて驚きました笑

他にも桑田さんが参考にしたであろう曲はたくさんあります。

普段の「やさしい夜遊び」という桑田さんのご自身のラジオでも、よく洋楽は紹介されるのですが、まず、「どんだけ聴いてきたの?!」というくらい様々な曲をご存知です。

シンガーソングライターがたくさんの楽曲をバックボーンに楽曲制作をすることで曲に深みが出るのは当然かもしれませんが、桑田さんの場合は洋楽、歌謡曲、演歌など幅広く、何より現在のJ -POPもかなり聴いているようです。

「桑田佳祐が選ぶ邦楽シングル・ベスト20」などの企画もラジオでされているんですよね。

今後の活躍にも期待ですね!

これからも応援していきます!

-音楽
-, ,

Copyright© Shun Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.